ローズマリーのフォッカッチャ

3月に入り、庭の梅の花も春を呼ぶ時折吹く突風に散ってしまいました。

これからは全国的に、桜の季節に変身です。

最近私はローズマリーの栽培を始めました。

レストランでポットに入れていたローズマリーからなんと小さい根が生えてきました。

嬉しくなってつい、挿し技しちゃいました。

今後、ローズマリーの成長の様子も見守っていきたいと思ってます。


このローズマリーは属名ですが <海のしずく> を意味するようです。

ヨーロッパでは死者、生者を悪魔などからまもる神秘的な力を持つと言われています。

使用用途は意外に幅広く抗菌作用、抗酸化作用、薬用などにも使われているみたいです。

私たちが使うのは、ポトフの香り付けや、お肉を焼く時の香味など主に、香りを重視したものが多いような気がします。

因みにパンではローズマリーのフォッカッチャを私はよく焼きますよ!!

作り方はいたって簡単です!!

レシピをご紹介します!


<材料>

*カメリヤ(日清製粉お店で1kg単位で販売してあります)100g

*塩(粗塩などがオススメ)1g

*インスタントドライイースト(市販されています)1.5g

*オリーブ油(焼き込むのでピュアで十分です)15g

*水(水道水でok)60g

*ドライローズマリー

*パルメザンチーズ

<作り方>

*事前準備  イーストはお水の中に入れとかして、イースト水にしておきます。(5分程度)

①事前準備が出来たらいよいよ仕込みに入ります。

 まず大きめのボールに粉、塩を入れ攪拌します。

②そこにオリーブ油、イースト水を粉の真ん中にめがけ全て入れちゃいます。

③後はしっかりしたゴムベラか木のへら、家庭にあるものでは、しゃもじがオススメ!!でかき混ぜ粉気がなくなるまで大きくゆっくり混ぜていきます。

④粉っぽさがなくなったら力強くしっかりと50回ほど混ぜたら第一段階終了です。

20分程ラップをして待ちます。

⑤20分後台に生地を出して手のひらで抑えて広げます、それを手前から三つ折り、更に横から

三つ折りします。ボールに戻して10分待ちます。

⑥いよいよそれぞれの大きさに切り分けます。ここでは50gで切り分けます。

軽く丸めて15分待ちます。

⑦軽く膨らんだ生地を軽くつぶしてガスを抜きます。

2割くらいはガスを残します。

ガス抜き後軽く丸めて天板に間隔をあけて並べます。

ここからは乾燥しないように濡れタオルやキッチンペーパーを軽く濡らしたものなどで生地を覆い

20分待ちます

⑧230℃に余熱をセットしておきます。

⑨20分後生地にオリーブオイルをたっぷり塗り、菜箸の後ろなどを使い5~6箇所バランスよく穴を開けます、ドライローズマリーひとつまみ、パルメザンチーズ少々をふりかけ、7分間焼成します。

生地作りはいたって簡単です、失敗の少ない作り方なのでチャレンジしてみてください!


特定商取引法表示 | 御利用案内 | プライバシーポリシー 
Copyright (c) 2013 Data Pract. All Rights Reserved.