Nobu Yamaguchi ③

image1

ビュッフェレストランで働きだして半年もした頃、独立するシェフがレストランを退職される話がレストランを賑わせた。

凄いな~と感じながらもまだまだ自分には遠い道のりで、夢の世界の話のように感じていた。

しばらくしてからの事だった夢が少しだけリアル感を帯びだしたのは・・・・

ある日料理長から呼びだされた私は突然の出向を命じられた。

独立していくシェフが見習いの私を連れて行きたいと、料理長に相談をしていた事を聞いた。

料理長は私に、勉強になるから行ってみないか・・

給料は当面保証するから・・との内容だった。

正直、驚きと不安と嬉しい気持ちが私を満たしていた。

ただその時の私の中では嬉しい気持ちの方が不安要素を食いつぶしていった。

色んな事を体験したい!!

そんな思いでいっぱいだったのは若さだったのか・・・

でも、それを言うと今の私も・・・若いのかも?(笑)

冗談はさておき、

2~3日後、私は出向の話に承諾した。

今思えば出向と言うよりは、就職先の斡旋だったのかもしれない・・・

その半年後にビュッフェレストランは親会社の資金不足の為、閉鎖に追い込まれたのだから・・・

特定商取引法表示 | 御利用案内 | プライバシーポリシー 
Copyright (c) 2013 Data Pract. All Rights Reserved.